テーマ:富士山

2017年(平成29年)恭賀新年

2017年あけましておめでとうございます。今年の干支は丁酉(ひのととり)。酉は、酒を醸造する器の象形文字で、醗酵を表す。従って、「成る」「熟する」「老いる」「飽く」などの意となる。中に醸されている「新しい勢力の爆発」、「蒸発」を表す承継文字とされる。十二支の酉というのは、昔から革命の年になっている。 一方「丁」の最も古い字の形は、釘の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山初冠雪(平成28年10月26日)

富士山の初冠雪は去年より15日遅く平年より26日遅いということです。また、10月26日の初冠雪は明治27年の観測開始以来、昭和31年とならんでこれまでで最も遅くなりました。 気象台によりますと、富士山山頂の午前7時の気温は氷点下7度1分だったということです。 富士山の初冠雪は甲府地方気象台の職員が肉眼で積雪を確認できたときに発表され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曽我の梅林(別所梅林)

晴天で暖かかったので、曽我の梅園に出かけた。例年よりは開花時期が遅れているように感じられた。 それでも沢山の人が楽しんでいた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日成人式の富士山

今日は1月12日成人式。思い返せば自分もこの時期があったのだとつくずく。 今日の富士山(3776m)は美しかった。また宝永山(2693m)もいつもよりはっきり見えていた。 富士山
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根駅伝

恒例の箱根駅伝を見に出かけた。そして応援した。復路の平塚中継所である。次々と駆け込む選手の苦しげな表情はTVで見るよりも遥かに迫力があった。 全チームが駆け抜けた後、大観衆はそれぞれ人の輪を解いていった。 私は海岸に立ち寄り、押し寄せる波や、雪化粧された富士山を撮影して、自転車で帰宅。 箱根駅伝 平塚海岸の波 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山初冠雪

毎朝外出時は、バス停で富士山の方角を見るが、ここ暫らく見えなかった。所が今朝うっすらと冠雪しているのが見えた。  今夏、世界文化遺産となった富士山が雪化粧をした。19日、公布地方気象台(甲府市)が「初冠雪」を観測したと発表した。平年より19日、昨年より37日遅い。麓の山梨県富士吉田市も「初雪化粧」を宣言。5合目付近まで雪が積もった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の景色

富士山 碧空に凛として聳える。 我が家の庭のキクモモ満開 バラ科サクラ属。樹高3mになるハナモモ(花桃)の園芸品種。花形は菊に似て、紅色(鮮やかな桃色)の八重咲きになる。切枝、庭木に用いられる。桃の花のようでもあるし、菊のような形もしているし両者の混ざった要素が入っている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6年ぶりの雪

久しぶりに湘南に雪が降った。前回降ったのが2006年1月21日なので、6年ぶりである。しかし今年は降雪量がはるかに少ない。近くに見える富士山もいつもより深く雪に覆われていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御殿場線の小さな旅

御殿場線の旅は富士山とともにあり、まことに、おだやかでゆったりとした車窓風景が続く。 いつか歌ったあの童謡、この唱歌を思わず口ずさみたくなる、そんな郷愁に満ちた小さな旅をした。 国府津を出発、単線運転、各駅で上下線が待ち合わせ、お互いに発車していく。乗客ちらほら。 左右に見え隠れする富士山。 頂だけの富士の姿は珍しくはないが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕日に映える富士山

夕方の太陽が富士山の背後に丁度隠れる珍しい時期である。ダイアモンド富士が見えるタイミングである。 ここに2枚の写真を用意した。一枚は富士山の頂上にかかった太陽の写真、もう一枚は富士山に隠れてしまった直後の写真。約一週間ほどこのチャンスを待ったがなかなか富士山が見えなかった。やっと見えた夕方であった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の富士山

風の強い一日でした。富士山の様子が気になり、シャッターをきりました。いつもより荒々しい姿が見て取れました。富士山の見えない地域の方に報告します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜からの富士山

横浜港区にあるマンションから見える夕方の富士山を始めて撮影。これほど夕日に映えた姿は過去見たことがない。素晴らしいシャッターチャンスを得ることができた。右の方に秦野の大山が見える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more