日々楽しく

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島会津の旅

<<   作成日時 : 2017/07/25 16:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

白川小峰城
白河城の三重櫓は木造復元された城郭建築のうち、天守に相当する建物の復元では最初のもので、数少ない木造復元天守の1つである。平成23年(2011年)3月11日に発生した東日本大震災により石垣等が崩壊したため、三重櫓も含め本丸は立入禁止となっていたが、平成27年(2015年)4月19日に小峰城復興式が開催され復興式終了後に入城可能となった。

画像


長い年月をかけて自然が作り出したこの渓谷は、塔の形が立ち並ぶ断崖という意味から「塔のへつり」と名づけられた。へつりとは地元の言葉で断崖のこと。塔の形をした断崖まで吊り橋が架けられ、断崖内部の一部を見学することもでき、その特異な形から、1943年に国の天然記念物に指定されている
画像


画像


飯盛山は、会津若松市街の東2キロにあり、城下町を一望に見渡す小高い山。会津城が遠くに見える。
ここには、白虎隊十九士の墓、各地で戦死した三十一士の墓や、イタリア並びにドイツから贈られた記念碑、さざえ堂、宇賀神堂、厳島神社、白虎隊引揚の洞門、市天然記念物の太夫桜など、数多くの神話、史跡名所が残っている。

画像


さざえ堂
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

福島会津の旅 日々楽しく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる